思い出の「続き」をデザインする。

和装は好きだけど、機会は多くない。
若いうちはなおさらです。
成人式や入学・卒業式で1,2度履いた草履や下駄を
箱にしまって大切に保管している方は少なくないはずです。
WLKでは、その思い出の鼻緒を用いてHANAO SHOESにあつらえ直す取り組みを始めます。

「大切にする」仕方は人それぞれ。
箱にしまって保管するのも一つ、
リユースして思い出の続きを作るのも一つ。
またソールが壊れてしまった草履なども対象になります。
鼻緒の多くは1点物なので
あなたの草履・下駄からHANAO SHOESを作れば
それこそ、世界に一つだけのHANAO SHOESになります。

「古いものは新しい」
WLKのスローガンにもとづいた取り組みです。
機会が訪れた際に、ぜひご利用ください。

 

秋口(9月)にサービスを開始する予定です。